業務の見える化とは | 株式会社インフィニット

022-702-4679 お問い合わせ

業務の見える化とは

2017年11月20日組織開発

今回は、見える化についてです。一口に見える化(可視化)は何かということですが、やはり自分たちの仕事の内容、進め方をアウトプットしていくことだと思います。その作業の中で、今まで漠然としていたことや既にはっきりしていることを組織内でまとめて共有することで、今後何をすべきかを明確にしていくことです。
前にも書きましたが、このようなことを行っている会社はありそうで意外と少ないのではと感じます。
いきなり完璧な内容を目指すのではなく、業務ごとの工程を作って、工程(段階)ごとに作業方法/管理項目・基準、使用文書、つけている記録 等を一覧にまとめていくだけでも発見があります。何が弱点か問題なのかがはっきりしてきます。マニュアルや手順書などの文書を作ることが必要なのか、それとも特定の人しか出来ない作業があるか 等 見えてくることがあります。
何事も作って終わりではなく、一覧にまとめたことを一過性にしないで都度更新して内容の充実を図って下さい。更新を続けていく事が肝です。この作業は、組織内のコミュニケーションを取りながら行うと効果がでます。人数が少なくても必要最小限のことしか話しをしない組織はかなりあります。従業員を巻き込んで組織を活性化する一つの手法として活用をお勧めします。
確かにこのようなことを行う事での手間や時間はそれなりにかかることがあります。進め方や内容についてお聞きしたいことがございましたら下記宛までお問い合わせ下さい。お待ちしております。
       株式会社  インフィニット  担当  櫻田    090-3647-9721
                                i-sakurada@ms-infinite.jp

シェアする

組織開発

  • 組織を改善したいが何から手をつけていいかわからない
  • 人手不足で残業がなかなか減らない
  • すぐに人が辞めてしまう
詳しく見る

お問い合わせ

お問い合わせは無料です。お気軽にお問い合わせください。

Copyright(C)株式会社インフィニット All Rights Reserved