022-702-4679 お問い合わせ

SDGs

SDGsとは

SDGs

2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」にて記載された2016年から2030年までの国際目標です。社会課題解決に向けた17の目標と169のターゲットで構成されているSDGsは、企業組織にとっての持続的な成長と社会課題の解決を両立するための重要な指針です。中小企業において社員との対話を重ね、自社の強みを認識し、将来ビジョン、成長戦略、中長期計画に落とし込みながら、自分事として捉えることで、一人一人の意識、行動の変革を促すことができます。

SDGs17の目標

GOAL

組織と個人がSDGsに関わり、行動変容を通して成果が出せる
ワークショップ

WORK SHOP

目的

組織がSDGsを使って自社の業務に活かして結果を上げて、持続可能な組織を創るために組織と個人が変えることは何かを話し合ってアクションプランを作成し実践する

Session1

SDGsが出来た背景と目的を考え、SDGsと組織の理念・価値観とのつながりを話し合う

Session2

SDGsのターゲットと目標から自分達の組織に何が該当するのかを話し合う

Session3

SDGsのターゲットと目標をもとに自分達の組織でどのように取り組むのかアクションプランを作成する

Session4

作成したアクションプランを実行し、振り返りとフィードバックを行い、行動変容を実現するワークと1on1ミーティングを実施する

期待できる効果

FEATURE

地球規模の課題と自社の事業活動がどのような関わりを持っているのか広い視野に立って考えることで、組織と自分自身の認識と行動を変えることができる

利害関係者に組織のSDGsの取り組みを知ってもらう事で、若い世代の採用の促進、あらゆる世代からの認知や信頼の向上につながる

SDGsの目標とターゲットを自社の事業に紐づけていくことで、今まで考えなかった新たな発想やイノベーションを創出できる

SDGsの目標とターゲットから何をすべきか自ら選択し、アクションプランを作って、成果につなげた活動ができる

SDGsに取り組むことのメリット

MERIT

ISO14001とISO45001の活動と一致した取り組みが出来ます

自社の事業内容と社会の課題解決への対話が社員の意識向上と行動につながります

社会に役立ちたいと志している有望な人材の採用につながります

消費者、取引先、行政へ社会の課題解決への取り組みをアピールできます

コンサルティングの主な流れ

FLOW
1. 顧客とSDGsについての現状の取り組みや今後の展開を確認し、要望を確認
2. SDGsの目的と背景、17の目標と169のターゲットについての説明
3. SDGsと「組織の理念」とのつながりについて自分事として取り組むことを話し合う
4. SDGsと組織/個人との関わりから実践すべき目標とターゲットを選択
5. 組織と個人のアクションプランの作成と実践
6. アクションプランのサポート:1on1ミーティングの実施を通してのフィードバック
7. アクションプランの振り返りと次のステップに向けたアクションプランの作成と実践

組織開発

  • 組織を改善したいが何から手をつけていいかわからない
  • 人手不足で残業がなかなか減らない
  • すぐに人が辞めてしまう
詳しく見る

お問い合わせ

お問い合わせは無料です。お気軽にお問い合わせください。

(C)株式会社インフィニット All Rights Reserved